食べて、歌って、恋をして♥自由気ままに幸せに生きていきたい人専用サイト

やらなきゃいけないけどやりたくない時だってあるさ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
手塚 弥生(Yayoi Tezuka)
✧~「人生の主役は自分」を思い出し、最高に輝いた人生を送る~✧ ・歌を通して自分と人と深く繋がるステージプロデュース、歌会主催 ・2015年脱サラ、フリーランスへ ・性別問わず人を好きになれるパンセクシャル(LGBT当事者) ・うさぎ、ねこ、セーラームーン、ハワイが大好き
詳しいプロフィールはこちら

皆様こんにちは!弥生(@yayoitezuka8888)です。

弥生

今日は気付きでもなんでもなく、ただのボヤキのような記事かもしれません。
でも書いておきたいから、書いておこうと思います。

やりたくない

すごくやりたくて選んだはずなのに、なぜか進んでやれないことが2つあります。
それは、

  1. 自己破産の申し立ての書類作り
  2. 遠隔ヒーリングのライティング

二つとも、やりたくて選んだはずなのに、なぜか先月くらいから、進まない。

なんでやりたくないのか考える時間を持ってみた

やりたいはずなのに、進んでいないということは、本音は「やりたくない」。
もっと丁寧に言うと、「やりたくないと思うくらい明確な原因がある」ということです。

私は、自分の感覚よりも、目標に向かってガンガン進むのが好きだから、たまにこういう「やりたいのに、やれない」状況に陥ることで、置いてけぼりになっている感覚を迎えに行っているのかもしれません。

なので、今日はブログにそれを書いてみようと思います!

私が置いてけぼりにしていたもの

自己破産

自己破産は、私にとって、「失敗の烙印」と感じている所があったらしい。

失敗したって何度でもやり直せるのよ、と本気で思っているし、目的が叶うためなら、多少のリスクはいとわないというタイプの私。

でも、自己破産をすることで、「ああ、私は本当に失敗したんだ」という事実を突きつけられるのが、本当はむちゃくちゃ怖かったことに気が付きました。

そして、本当は、その失敗も乗り越えられる強い自分になりたかったんだと思います。
とても怖いけど、怖いから逃げるんだじゃなくて、逃げたくなったら立ち止まって何度でも挑戦することをしたいから、この課題が私のところに来たんだとふに落ちました。

遠隔ヒーリング

ありがたいことに毎月コンスタントに、10~20件ほど、とある企業の方から発注いただいていて。
このお仕事を始めたことで、私の新しい可能性を広げてくれて、私が毎月安心して暮らすことへの許可を出すきっかけにもなった。

だからこそ「文句を言ってはいけない」「言われた通りに納品しなければいけない」という気持ちが強く出てしまって、本当は納期が短くて厳しかったけど、いいですよって言ってしまった、自分への怒りがあったようです。

次回からは、自分の中で「ん?」と思うことは、どんなちょっとのことでも、「まいっか」で流さないで、きちんと自分の気持ちを伝えると決めました。(今、書きながら決めましたw)

ひん曲がったところまで戻ってあげればいい

やりたいのにやりたくないは、それ自体がひねくれた状態、ひん曲がりが起こってます。

だから、ひん曲がりが起きたところまで戻って、どうしてそのねじれが起こったのか、確かめてあげればよかったのでした。

さ、やるか!

後日談

このブログを書いたあと、すごくスッキリしていました。
途中、いっそ寝てしまおうかと魔が差したりもしたけれどw

この日の夜中中に、破産の申し立ての書類の9割が完成し、翌日には書類を弁護士さんに発送することができました。

遠隔ヒーリングとそのレポート作成も、かなりスピーディーにクオリティ高く仕上げることができたのと、依頼してくれている会社の担当さんのことを慮って、純度高い対応ができたことが、自分を信じることに繋がりました。

やっぱり、ブログっていいなぁ。
こういう風に、ただの愚痴のようなブログも、成長観察として使えるし、何よりそれを公開することで、誰かの役に立てるかもしれない。

ブログのことがどんどん好きになってきました????

この記事を書いている人 - WRITER -
手塚 弥生(Yayoi Tezuka)
✧~「人生の主役は自分」を思い出し、最高に輝いた人生を送る~✧ ・歌を通して自分と人と深く繋がるステージプロデュース、歌会主催 ・2015年脱サラ、フリーランスへ ・性別問わず人を好きになれるパンセクシャル(LGBT当事者) ・うさぎ、ねこ、セーラームーン、ハワイが大好き
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 手塚弥生オフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.