食べて、歌って、恋をして♥自由気ままに幸せに生きていきたい人専用サイト

どうしたいかを決めるだけでいい

 
この記事を書いている人 - WRITER -
手塚 弥生(Yayoi Tezuka)
✧~「人生の主役は自分」を思い出し、最高に輝いた人生を送る~✧ ・歌を通して自分と人と深く繋がるステージプロデュース、歌会主催 ・2015年脱サラ、フリーランスへ ・性別問わず人を好きになれるパンセクシャル(LGBT当事者) ・うさぎ、ねこ、セーラームーン、ハワイが大好き
詳しいプロフィールはこちら

皆様こんにちは!弥生(@yayoitezuka8888)です。

弥生

最近色々なプロジェクトをリーダーやマネージャーとして動かしているのですが、そのたびにぶち当たることがあります。

それは、自分が手一杯で余裕が無くなることスタッフに上手く仕事をふれないこと

そんな折、会社員時代からお世話になっている、先輩の渡辺さん(@wtnbms)とご飯食べながら深い話を聞きました。

プロジェクトをやる時に大事なことはたった1つ

「自分がどうしたいか、以上 by渡辺さん」

あまりにシンプルで(°д°)ふぁ!?ってなりましたw

でも、お話を聞けば聞くほど、これは紛れもない真実だなと分かっていきました。

プロジェクトを動かすには押さえるべきポイントがある

まず、リーダーになる人がとにかくすべきことは、主に3つ。

  1. 自分がどうしたいのか決める
  2. 何をお願いしたいのか明確化する
  3. 誰にお願いするか決める

これだけです。

①自分がどうしたいのか決める

そのプロジェクトをやる目的は何か?といった背景と全体像を伝えられるようにすること。

これが何より大切です。

例えばデザインをお願いする時も、

  • 何の場面でどういう風に使われるのか?
  • どんなイメージなのか?

の共有をしないと、デザイナーさんもデザインを決められません。

デザインといっても、無限だからです。

②何をお願いするのか明確化する

③誰にお願いするか決める

プロジェクトチームがうまく回らない理由の半分はリーダーの仕事の任せ方にある

「デザイン発注しといて」とスタッフに丸投げしたとします。

そうすると大抵の場合、

  • スタッフの動きが悪くなる
  • スタッフから不満が出る
  • 任せた仕事が完了しない
  • 仕上がったものがイメージと違う
  • といった悲劇が起こります…????
  • どういう場面で使われて、どういう条件で、誰に、いつまでに発注するか、そしてスタッフがどこまでアイディアを出していいのか、決定権はスタッフが持つのか自分が持つのか。

    こういった詳細を伝えて、相手(スタッフや外注先)の理解と了承を得ることが大切です。

    逆に依頼された側から、これらの質問を投げると、自分の仕事を不安なく進められ、またリーダー目線を養えるので、オススメです。

    さいごに

    渡辺さんは、会社員時代からこういったことが自然とできる人でした。

    ひょうひょうとしていますが、なんだかんだ面倒見が良くて、私は彼のことが大好きで尊敬しています✨

    今回はめちゃくちゃ悩んでたので、本当に神かと思いました????

    この記事を書いている人 - WRITER -
    手塚 弥生(Yayoi Tezuka)
    ✧~「人生の主役は自分」を思い出し、最高に輝いた人生を送る~✧ ・歌を通して自分と人と深く繋がるステージプロデュース、歌会主催 ・2015年脱サラ、フリーランスへ ・性別問わず人を好きになれるパンセクシャル(LGBT当事者) ・うさぎ、ねこ、セーラームーン、ハワイが大好き
    詳しいプロフィールはこちら

    - Comments -

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    Copyright© 手塚弥生オフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.