食べて、歌って、恋をして♥自由気ままに幸せに生きていきたい人専用サイト

自由に生きるコツ①お金との付き合い方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
手塚 弥生(Yayoi Tezuka)
✧~「人生の主役は自分」を思い出し、最高に輝いた人生を送る~✧ ・歌を通して自分と人と深く繋がるステージプロデュース、歌会主催 ・2015年脱サラ、フリーランスへ ・性別問わず人を好きになれるパンセクシャル(LGBT当事者) ・うさぎ、ねこ、セーラームーン、ハワイが大好き
詳しいプロフィールはこちら

⭐️この記事は「自由のすすめ(仮)」シリーズの一つです。
下書き段階から公開していますので、更新をゆるくお待ちください😀

自由に生きるって何?

私にとって「自由」とは
自分の心に従って人生の方向性を決められること とざっくり定義してます。

自分の心に従って舵を切るために「もしも」や「最悪の場合」を想定しておくことがとても大事✨

それをしておくだけでも、不思議なくらい安心して自由に生きられるようになります😳

自由に生きることとお金

今の日本のシステム上、生きていこうと思ったら「お金」との関係は切っても切り離せない超重要事項🤔

かたや心に従って生きるということは、びっくりするような願いさえも叶えていく生き方。

願いには損得や打算などが入り込む余地がないわけで
すごいお金がかかるかもしれないし、「大学を卒業したら働く」「毎日定時で働く」「生活のために働く」「我慢して働く」といった「当たり前」を辞める選択肢が出てくる可能性もあるわけです😳😳

自由に生きることとお金を天秤にかけて失敗した過去

今から書く失敗談
はじめにお伝えしておくと、全て当時の私にとっては結果はともあれ「その時その時の最善を選択していた」し、今の私に成長するための「大事なプロセス」だったので、悪い例として出してるわけではありません😉

きっと今、同じような状況の方もいると思うので、「自分を俯瞰して見る」的なテンションで読み進めて下さいね😀

社畜’sハイでお金もないし心も体もボロボロ

私は新卒から5年間、副業NG(ばれたら解雇される等のペナルティがあった)の会社で働いてました。

学生時代からの借金もあったので、額面23万手取り19万で都内に一人暮らしの生活はすぐに破綻🤕

借金を借金して返す生活をしていましたが、会社の仕事自体はやりたいことだったこともあり、(ランナーズハイ的な)「社畜’sハイ」になってたんだと思います👻👻

生活が破綻してようが、恋人と別れようが、体調を崩そうがお構いなしでした🤦🏻‍♀️

休職するくらい体と心を病んではじめて、「いくら仕事でもこれじゃアカン」と気付きました

お金はあるけど満たされない

休職して2年後「もっと自由なスタイルでやりたいことを仕事にしよう!」とフリーランスに転向。
業務委託としてやれることをやりながら食いつないでいました。

いい時で月商80万、アベレージでも30~40万はあったので、1人で仕事をしながら暮らしていくには十分。
会社員の頃に比べたら生活は本当に楽になりました😂

お金の面では楽になったものの、精神衛生上というか、私の心は全く満たされません。

「自分のやりたい事業」がなかなか創れず模索していたし、売上のために無理をしていた業務委託の仕事に忙殺され、「これじゃ独立した意味なくない?」とかなり焦ってました。

とうとう会社員の時に休職した時レベルの体調不良(おもにメンタル)に陥り、泣きながら打ち合わせに行く日が増えるようになります😭

お金なんてどうでもいい!自由に生きたい!!

会社員時代、ひいては子供の時から積もり積もった「自由に生きたい」が私の中で臨界点に達したんだと思います。
ずっと出口をふさいでいたホースのように、一度手を離したら止められない暴走状態になりました。

話し合いの末に業務委託案件を全て辞め、その日暮らしの生活になりました。
お金がない、家賃も払えない、なんてことはザラで、一緒に暮らしていたパートナーに支えてもらいながら、バイトも始めました。
でもバイトをしても「こんなのちっとも自由じゃない!」とすぐに辞めてしまうので、じょじょに借金がかさむ生活になります。

この時は、売上ではなくインスピレーションやアイディアのおもむくままに手当たり次第ビジネスを創って挑戦しました。
「今後の自分とビジネスのために」と投資もかなりしました。

やがて新たな借金ができず返済もできない状態になり、最終的に私は債務整理(いわゆる自己破産)をすることになります。

自由に生きるために必要なお金がある

「死ぬくらいなら自己破産してやり直しなよ」と思ってる私ですが、はっきり言って自己破産はめちゃくちゃ大変です。
破産した後の影響もじわじわあります。
カードが使えない、ローンが組めないって、超不便です。

かといって「お金のために我慢して仕事しなきゃだめ」とは全く思ってません。
私は体も心も壊した経験があるので、むしろ「辛くなる前に一旦休むの大事」って思ってます❣
それに、自分の無理が軽減されて生活できるくらいの仕事を探すって、簡単ではないですがそこだけを望むならそんなに難しくないですからね。

 

私がこの経験を経てお伝えしたいのは、自由に生きることは超大事。でもそのために必要なお金について考えるのもめちゃ大事っていうこと。
そもそも「自由に生きるか?」「お金か?」は簡単に比べられるものではないんです🙆

「自由に生きるために最低限必要なお金を、どうやって工面するか?」にどれだけ真剣になれるかが、「自由に生きる」ためには必要条件です。

  • 心と体が健康
  • 幸せ
  • 最低限必要なお金を工面できる

これが揃ってはじめて「理想的な生き方を追求できる」と、私は思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
手塚 弥生(Yayoi Tezuka)
✧~「人生の主役は自分」を思い出し、最高に輝いた人生を送る~✧ ・歌を通して自分と人と深く繋がるステージプロデュース、歌会主催 ・2015年脱サラ、フリーランスへ ・性別問わず人を好きになれるパンセクシャル(LGBT当事者) ・うさぎ、ねこ、セーラームーン、ハワイが大好き
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 手塚弥生オフィシャルブログ , 2019 All Rights Reserved.